忍者ブログ
のんびり・のんきに・気ままに・日々の徒然をつづっていきます。
2017/06月

≪05月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07月≫
[17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

劇団四季 アイーダ

本日母と観劇してきました。
愛の物語らしい・・・と職場の隣のビルに貼ってあるポスターで
知るばかり、知人が行けなくなったので代わりに観に行ったです。

面白かった。
単純明快なストーリーで、音楽とダンスが良くて楽しかった。

母も私もその昔は演劇少女(笑。ホントに笑えることに)だったですが、
ミュージカルにはそんなに深い興味は抱いておらず。
でもせっかくのチケットなので、行ってみた。

以下は感想文です。
ネタばれしてる上にややふざけ気味なので読みたくない方はここで回避を。

何の予備知識もなく行ったので、会場でもらった折込チラシをみて
初めて古代エジプトの恋物語なのだと知った。

展開が読めちゃうような単純なパターン通りの話だけど、楽しめた。
照明や吊モノがすごく綺麗で、ダンスもエンターテインメント性たっぷり。

しかし。
当たり前なのだけど、なぜミュージカルは台詞をしゃべっている途中から
いきなり歌いだすのか。
ラダメス(主役アイーダの相手役)の父の傍にはべる黒服は古代エジプト人より
ネオナチにみえるぞ。そして最初に登場してから父とともに歌って踊るシーン、
なぜあんなにひっぱるのか。バックの照明3回くらい変わってた。
いやダンスはカッコ良かったんだけど、すごく。
笑うとこじゃないのに笑える・・・。いかん。と思っていたら、休憩中に
母も同じことを言っていた。
「うちらダメダメだね」
「突っ込んでるうちはミュージカルは真に楽しめないね・・・」

終演後、
「あの黒服がいちばん面白かったね」
「ね、笑えたね」

ダメ親子!!

それでも会場を出て、人波が一斉に駅に向かうとき。
私たちの後ろを、若い女性3~4人くらいのグループが、
「よかったねー!」
「超よかったねー!!」
と嬉しそうに楽しそうに大きな声で感想を言い合うのを聞いて、
(うんうん、よかったよね)
と心の中で相槌を打った私。
母は隣で
「そうかー・・・『超』よかったかー・・・」とぼそぼそ呟いていた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
れいこ
性別:
女性
職業:
接客や事務なども経ましたが、一番最初の職である先生業に今は落ち着いています。
趣味:
読書は生活に必須。ベリーダンス熱が上がってジャズダンスにも手を出し始めました。
自己紹介:
A型。オフィシャルにはしし座。(おとめ座気質と半々らしい。)
愛知県名古屋市出身、在住。
バーコード
ブログ内検索
FX NEWS

-外国為替-

Copyright © あかるいそらのした All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]